読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテない男を勘違いさせる女子

私はモテないんですよ。それはもう絶望的に。
世の中にはモテない男子はたくさんいるでしょう。そんな純真無垢な男子達に共感しかしてもらえないであろう記事を今日は書きたいと思います。

「あれ、こいつ、俺の事好きなんじゃないの…?」

そんな風に思わせる行動をする女子、いますね。パターン毎に書いていこうと思います。

【其の一】 目が合う
これです。私たちのような非モテメンズは目が合うだけで恋に落ちる。実にチョロい。何故目が合うだけで恋に落ちるかって?それは我々がモテないから。例えば授業中、退屈で仕方がなく、ふと斜め後ろを振り返ると女の子と目が合って、控えめに微笑まれる。これはもう駄目です。イエス、フォールインラブ。その日の晩にはメールとかで告白しちゃう。もちろん返信は来ないんですけどね。下手したらメールアドレスを知らない可能性もある。

【其の二】 休み時間、自分の机に腰掛けている
これは高校までなんですが、教室って席が決まっていますよね。休み時間になると私はトイレに行く訳です。そして帰ってくると、自分の机に女子が腰掛けてなにやら喋っている。なに?俺の事好きなの…?こうなります。しかし実際はそんなことはない。たまたま私の席の前後左右に仲の良い奴がいる。それだけです。「ちょっとそこどいてくれない…?」この一言が言えない私はいつも休み時間が終わるまで教室後ろの見たくもない掲示板を見て過ごしていました。というか机に座ってんじゃねぇぞ。もちろんそんなことは言えない。

【其の三】 隣に座る
これはもうどこでも良い。教室だろうが電車だろうが居酒屋だろうがカラオケだろうがどこでも良い。あれ、俺の隣以外にも席空いてるのに隣に座るってことは…もしかして…。でも実際はなにも気にしていない。本当に、なにも。もしかしたら私の存在に気づいていないだけの可能性もある。隣にいるのに。

【其の四】 「それ、一口ちょうだい♪」
もはや説明不要。だってあなた、それ間接キスですよ。もうこれは俺の事好きでしょ!好きじゃないならそういうことしないでよ!みたいな。非モテメンズってのは純真なんです。弄ばないで。

【其の五】 相談
非モテメンズのような無害な生き物には経験が多々あると思う。相談。「あれ、俺、頼りにされてる…?」されてません。無害なだけです。決して名前を明かさない恋愛相談。「あれ、これ、もしかして俺の事…?」

私「もしかしてそれって俺のこ…」
女「名前明かしちゃうと高橋君の事なんだけどね(照)」

高橋君死なないかなー!

汚い。女子って奴はなんて汚いんだ。

【其の六】 ❤️
メールやLINEの❤️の絵文字。これはもう、本当に勘違いしますからね。

女「今日授業くる?」
私「行くよ」
女「ほんとにー!じゃ、一緒に受けよ❤️」

やめましょうね、本当にね。本当に。その気がないなら。

【其の七】 服装
これは実体験に基づき確実に意識させる事ができる方法。
大学生の頃、ギャルってる後輩の女の子と仲が良かった。ある日の事。

女「先輩ってどういう女の子が好きなんですか?」
私「大人しめな服装と髪型の子が好きです」

その次に会った時、髪を黒く染めて大人しい服装をした彼女に会いました。

それはずるくないですか?!

といった具合です。女子って奴は非モテメンズをからかうのが好きなのかもしれない。なんて奴らだ。